今度こそ本気で皮膚炎(アトピー)を治す!

女性メディカル

むやみに皮膚を掻きむしってしまい皮膚が治るどころか悪化していき、勉強や仕事の最中でも痒くて集中力を失ったりとなにかと皮膚炎になると大変です。そんな辛い皮膚炎の自分の経験をもとにした治療法を紹介します。

スポンサーリンク

自分にあった薬を見つける

皮膚薬

やはり皮膚炎に一番有効なのは塗り薬だと思います。市販で自分にあった薬が見つかり皮膚が良好になればいいのですが一向に良くならない人は病院に行き自分にあった薬を選んでもらうことをおすすめします。

病院に行ってもろくに話も聞かずに見当違いな薬を処方されることはよくあることだと思います。なのでしっかりと自分の状態を話し、またいくつかの病院に行き自分にあった薬をしっかりと見つけたほうがいいです。飲み薬も有効なので塗り薬と飲み薬の二本で治療してくといいかもしれません。

顔などは皮膚が薄く弱いためあまり強い薬は使えません。炎症の場所や状態によって塗り薬をかえたり量をかえることも考えたほうがいいです。塗り薬でも飲み薬でもそうですが使用すべきタイミングや量は人によって違うため自分にあったやり方を見つけたり医師に相談することをおすすめします。

自分もそうでしたが“ステロイド”は多くの人に有効なので一度考えてみるといいかもしれません。しかし中には合わない人もいますし、ステロイドは強く中毒性も高いので使用には注意が必要です。またステロイドで皮膚がよくなってきても急にステロイドの使用をやめてしまうと皮膚が再び炎症してしまうことがよくあるのでやめ方にも注意が必要です。詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

皮膚を大事にする

model

皮膚の炎症が起きてしまう理由はたくさんあり、炎症が起きる原因となることを避けて皮膚をやさしくすることも大事です。下に皮膚のためにすべきかもしれなことをいくつか載せておきます。

  • 体をしっかりきれいにする
  • 体を強く洗い過ぎない
  • 手で体を洗う
  • 風呂あがりに優しく水分をふきとる(こすらない)
  • 食器を洗うときにゴム手袋をする
  • 皮膚の乾燥を防ぐ
  • 装着のたびに傷つくため手袋をしない

ここでもそうですが結局人によって原因も合う治療法も違うため自分に合うものだけ気を付けて関係ないものは気にしなくてもいいです。

爪をしっかり切る

爪をしっかりきっておくことも大事です。仕事や人によっては切ることはできないかもしれませんが爪が長いときと爪が短くなめらかなときとではかきむしってしまったときのダメージの大きさが違います

まわりの環境や生活習慣を変える

forest

ストレスを減らしたりたまらないようにする

皮膚炎の人には多いと思いますがストレスが溜まるとそれが皮膚の痒みとしてでてしまうことがあります。長時間仕事をしたり勉強をすると体が痒くなったり、焦ると頭が痒くなったりすることはないでしょうか。

そういう人はこまめに休憩すると効果的です。人と話したり伸びをしたり、トイレに行くなどといったこともいいです。

運動はストレスの減少にも毒素排出のも効果があるためおすすめですが汗で痒くなる人もいるので注意が必要です。

他の持病とともに治療する

上のストレスにも近いですが他の持病が悪化すると皮膚も悪化するといったことはないでしょうか。例えば花粉症がひどくなると皮膚も炎症するなどといったことがある場合は皮膚の治療だけでなく他の持病とともに並行して治療したほうがいいかもしれません。

まわりの環境をきれいにする

これは効果があまりない場合が多いですが部屋をきれいにすると少し炎症がらくになるかもしれません。あまり効果がない場合が多いと言いましたが犬などのペットを飼っていたり埃があまりに多い場合はしっかりときれいにしたほうがいいと思います。

皮膚の寄生虫を疑う

まれに皮膚に寄生虫が寄生して皮膚の炎症の原因となっていることもあるので一度医師に診てもらったほうがいいかもしれません。しかし寄生虫が原因ではないのに医師が寄生虫を疑い、いっこうに良くならないことも多々あるため注意が必要です。

寝るときに掻かないようにする

せっかく日中に皮膚を掻かなくても寝ている間に掻いてしまってはなかなかよくなりません。寝ている間に掻かないようにしましょう。睡眠時に掻きむしってしまう人は以下の記事をご覧ください。